それぞれ意味が少しずつ違って使われる場面も違います。

日常的な状況ではlook upが使いやすいでしょう。

  1. look up
  2. research (about)
  3. do some research
  4. make some research
  5. learn about
  6. find out
  7. know
  8. look for
  9. look for information about
  10. search
  11. investigate
  12. scrutinize

英語で検索する時のキーワードの選び方を学ぶ

日常的な「調べもの」research

カジュアルな場面で「調べる」と言う場合です。

例文:

  • Im looking for information about traveling from Seattle to Vancouver.(シアトルからバンクーバーへの行き方を調べている。)
  • I want to research about the history of the U.S.(アメリカの歴史のことをちょっと調べてみよう。)
  • I did some research but I couldnt find anything about it.(調べてみたけど、何も見つからなかった。)
  • I want to do some research in science.
  • Ill look up that word in my dictionary.(その単語を辞書でしらべてみよう。)
  • Why dont you consult your dictionary for its meaning?(辞書でその意味を調べてみよう。)
  • I have no idea how to search for the latest data.(最新データの調べ方がわからない。)
  • How to find the statistics(統計の探し方)

辞書で調べるはlook upやconsultもあります。

「ネットで調べて」はgoogleを動詞として使うことが多いです。

例:Google it.

調査や研究、検査など

一方の、investigateは日常の言葉というよりか、やや書き言葉に近い言い方です。examineは検査としての「調べる」で、scrutinizeは「取り調べる」というニュアンスです。

<意外と簡単な英語表現>

  • 英語で検索する時のキーワードの選び方を学ぶ
  • 英語の俗語・ネット用語などを調べる方法 
  • ファイルを解凍するを英語で言うと
  • チェックを外すを英語で言うと